カブレラデマルの一戸建て

ニュートラルな色調と柔らかな質感が心地よさを誘う地中海風レジデンス。 バルセロナにほど近い町、カブレラ・デ・マルにあるこの一戸建ては、視覚的な純粋さが最大の特徴で、自然光が主役の地中海の家です。

家は2階建てに加えて地下駐車場があります。北と南の二重のファサードは、自然光がすべての部屋へと流動的に浸透することを可能にし、また、クロス換気を可能にし、結果としてエネルギーの節約をもたらします。

1階には、テラス、トイレ、パティオ・テラスへのアクセスが可能な大きなキッチンがあるリビング・ダイニングルームがあるデイエリアがあります。ソファやカーテン、カーペットなどに見られる軽やかな色調と柔らかな質感は、リビングエリアで厳選されたさまざまなアイテムのさりげない曲線とのコントラストを生み出しています。 

ソファの前には、多目的に使えるホワイトのコーヒーテーブルを設置し、3つのカーブした支柱が全体に軽やかな印象を与えています。 この調和のとれたリビングルームには、2つの黄色のタッチが施されています。一方では、湾曲したアームチェア「Nube」(Stua)のインテリアの黄色の張り地が、もう一方では、シンプルで連動したデザインの黄色のハンギングランプが、好奇心をそそります。アレックス・マーチ自身がセプティマデザインのために特別にデザインしたHシェルフの楕円形のラインは、曲線を愛するこの美学に合致しています。

ダイニングの壁の汚染されていない白が、家具の土色のトーンを引き出しています。大きな木製のダイニングテーブルは長方形で、脚はホワイトメタリック、椅子はナチュラルチーク、2つの大きなハンギングランプはナチュラルバンブーを使用しています。 セットはマスタード色の大きなカーペットの上に鎮座しています。

50年代、60年代、80年代のフランス、スウェーデン、ドイツのデザインの様々な装飾品、花瓶、彫刻、絵画などが、現在の作品とミックスされています。額装された大きな写真は、写真家テオ・アストルフィのオリジナル。

白いラジエーターは、白いアイアンで脚付きのレトロなスタイルです。できるだけすっきりとした空間を提供するために、エアコンは特注の白いスラット付きの引き出しの後ろに隠されています。

キッチンでは、白いL字型の家具を2枚のレンガの壁の下に配置することで、開放感を最適化しています。扉はスライド式の黒鉄と強化ガラスです。

パティオテラスは、リラクゼーションやレジャーエリアとして開放されています。緑のフローリングは自然を模したもので、白い漆喰の壁とプランターと一緒に、太陽の光を歓迎する地中海の生活習慣に対応しています。デザイナーのポール・フランクルによる竹を使ったアウトドア家具で、植物をモチーフにしたダークカラーの張り地が特徴です。白い遮光ネットが日差しを遮ります。

ミニマリストのスタイルは、階段の視覚的な明るさが特徴です。ここでは、床はグレーのマイクロセメントで作られており、空間全体に連続性を与えています。黒い金属棒で形成されたセパレーターの垂直性と、そこに目立たない棚を追加してセットを完成させました。  

住宅の上層階に位置するナイトエリアでは、ミニマムなインテリアのトレンドを踏襲した室内が広がっています。家具は、上質なオーク材を使用して計測され、アイコニックなデザイナーズピースが選ばれています。メインルームには、長方形の筒状の形をした引き戸と白で塗られた金属板で作られた大きな脱衣室があります。

ニュートラルな色調と柔らかな質感が心地よさを誘う地中海風レジデンス。 バルセロナにほど近い町、カブレラ・デ・マルにあるこの一戸建ては、視覚的な純粋さが最大の特徴で、自然光が主役の地中海の家です。

家は2階建てに加えて地下駐車場があります。北と南の二重のファサードは、自然光がすべての部屋へと流動的に浸透することを可能にし、また、クロス換気を可能にし、結果としてエネルギーの節約をもたらします。

1階には、テラス、トイレ、パティオ・テラスへのアクセスが可能な大きなキッチンがあるリビング・ダイニングルームがあるデイエリアがあります。ソファやカーテン、カーペットなどに見られる軽やかな色調と柔らかな質感は、リビングエリアで厳選されたさまざまなアイテムのさりげない曲線とのコントラストを生み出しています。 

ソファの前には、多目的に使えるホワイトのコーヒーテーブルを設置し、3つのカーブした支柱が全体に軽やかな印象を与えています。 この調和のとれたリビングルームには、2つの黄色のタッチが施されています。一方では、湾曲したアームチェア「Nube」(Stua)のインテリアの黄色の張り地が、もう一方では、シンプルで連動したデザインの黄色のハンギングランプが、好奇心をそそります。アレックス・マーチ自身がセプティマデザインのために特別にデザインしたHシェルフの楕円形のラインは、曲線を愛するこの美学に合致しています。

ダイニングの壁の汚染されていない白が、家具の土色のトーンを引き出しています。大きな木製のダイニングテーブルは長方形で、脚はホワイトメタリック、椅子はナチュラルチーク、2つの大きなハンギングランプはナチュラルバンブーを使用しています。 セットはマスタード色の大きなカーペットの上に鎮座しています。

50年代、60年代、80年代のフランス、スウェーデン、ドイツのデザインの様々な装飾品、花瓶、彫刻、絵画などが、現在の作品とミックスされています。額装された大きな写真は、写真家テオ・アストルフィのオリジナル。

白いラジエーターは、白いアイアンで脚付きのレトロなスタイルです。できるだけすっきりとした空間を提供するために、エアコンは特注の白いスラット付きの引き出しの後ろに隠されています。

キッチンでは、白いL字型の家具を2枚のレンガの壁の下に配置することで、開放感を最適化しています。扉はスライド式の黒鉄と強化ガラスです。

パティオテラスは、リラクゼーションやレジャーエリアとして開放されています。緑のフローリングは自然を模したもので、白い漆喰の壁とプランターと一緒に、太陽の光を歓迎する地中海の生活習慣に対応しています。デザイナーのポール・フランクルによる竹を使ったアウトドア家具で、植物をモチーフにしたダークカラーの張り地が特徴です。白い遮光ネットが日差しを遮ります。

ミニマリストのスタイルは、階段の視覚的な明るさが特徴です。ここでは、床はグレーのマイクロセメントで作られており、空間全体に連続性を与えています。黒い金属棒で形成されたセパレーターの垂直性と、そこに目立たない棚を追加してセットを完成させました。  

住宅の上層階に位置するナイトエリアでは、ミニマムなインテリアのトレンドを踏襲した室内が広がっています。家具は、上質なオーク材を使用して計測され、アイコニックなデザイナーズピースが選ばれています。メインルームには、長方形の筒状の形をした引き戸と白で塗られた金属板で作られた大きな脱衣室があります。